2011年12月30日
限界突破のすすめ(第一回)
限界突破のすすめ(第一回)

年越しは恒例の寝正月\(^o^)/
どーも、おいらです( ̄▽ ̄)

今日は、神羅万象フロンティアゲーム序盤の限界突破について少しまじめに考えてみました。

限界突破とは、
Lv20になってカンストしたカードをLv40まで育てられるようにする事。
突破したカードはその代償としてコストが1増える事になります。


巷では「突破するべき、しないべき?」みたいな事がよく言われています。

まずは手持ちのエースデッキ予定のカード達のLv20を目指す事が先決ですが、
その次に突きつけられるのは突破させるかさせないか?≠チて事な訳です。



結論から言うと『育成予定のカードは突破限界が来たら早く突破させてあげるべき』です。


ただし、闇雲に突破させてしまうとコストの問題で使えない子に成り下がってしまう可能性があるので注意が必要です!

とりあえずここではルーキー出場でのケースは除外します。
なぜならルーキーはコス8+コス7という組合せが可能なの
エリート出場級の猛者≠ェ狩場にしている可能性が高いからです。

ですのでここではミドル出場をひとつのスタートラインとして考えています。


Lv30くらいの3〜4人編成だとミドルでも場所を選べば随分と安定して勝てるようになってきます。
ただまぁ常勝には程遠いかもしれませんが(笑)

道のりとして4枚(5枚)のカードを0〜20まで育てるところまでは一緒なんだけど、
実はそこから運命が大きく分かれていく事になります。




例えば、
ミドルのデッキコストの上限は20です。

5555の4枚デッキを標準と考えて、
6554
6644
44444
6653
このあたりの組合せになる事でしょう(抜けがあったら教えてチョ(´A`))

この中で3のカードは恐らく戦闘には参加しないバフ系だと思うので除外したとして、
突破するか否かの問題が突きつけられるのはコスト456のカードです。


さてここで少し話は飛びますが、
今あなたが構想しているデッキと突破させる子させない子の構成を考えてみてください。
総コストはいくつのデッキを組んでいますか?
突破させたいカードの枚数は??

仮に突破させるカードを3枚予定しているとしたら、それは
突破後コストが3増える≠チて事を意味します。

何当たり前の事言ってんだ(´A`)って思うかもしれませんがこれが非常に重要で、
『だとしたら今のデッキの総コストはもちろん17≠ナ運用してるよね?』って話になるからなのです。

仮に今のデッキを総コスト20で運用していた場合、
3枚突破した後のデッキ総コストは23≠ニなります。
ミドルでは戦えないデッキ構成になっちゃいます。

だったらエリートで・・・って考えるかもしれませんがそう簡単な問題ではありません。
エリートはLv40やLv60、果てはLv80級が蠢いている魑魅魍魎の世界。
突破したばかりのLv20台デッキなんてミジンコ並みの弱さです。

実はおいらはこの辺を全く考えないで突破させたので、
ミドルで安定して勝てていた時期に、突破後デッキもまともに構築できない状態までいってしまったおバカさんでした(ノД`)シクシク



上のほうで並べた
5555
6554
6644
44444
6653
この5種類の組合せは実は未突破前提での総コスト20デッキ≠フ組合せだったんです。

実は、突破前提のデッキを組む場合は最初の段階で、
突破2枚の予定ならデッキの総コスト18
突破3枚の予定ならデッキの総コスト17
こういった感じのエースデッキを組み立てておく必要があるのです(´▽`)b

「突破カード含む」が前提だと上の5種類の組合せに加え、
776
7544
7553
7643
7733(実用性薄い?)
こういった組合せが追加されます。


後述5種含む10種類の組合せの中から完成系を予定しておき、
突破予定枚数分のコストを間引いた総コストで運用する事!
これが、エリートへステップアップするまでの間ミドルで戦っていくエースデッキを構築する為のセオリーとなります(´▽`)b

今回のまとめ
『突破させるカードの枚数分、デッキの総合コストを間引いて予定を立てよう!』です!



次回へつづく






新カード追加まで貯金して232枚引いてみたけどH1枚しか出なかったよ・・・ orz





各種ブログランキングへ登録しています(´▽`)ノ   
ブログランキング カードゲーム・攻略ブログ blogram投票ボタン にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ 神羅万象フロンティア人気ブログランキング


posted by 女王様とお呼び | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52657076
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。